室内での熱中症に注意しましょう 室内での熱中症に注意しましょう

 

お盆が過ぎてもまだまだ暑いですね。

今年の暑さは異常。

私たちセラピストは、屋内での熱中症にも注意しましょう。

 

 

実は私、3年前にクーラーをつけていた室内で、熱中症になったことがあります。

お客さまが帰られた後、片付けをしていた時でした。

急に吐き気とめまいがして、立つこともできず救急搬送されました。

でも病院で点滴を受けたら、嘘のように元気になりました(^^)/

 

 

普段、元気な私でも室内で熱中症になってしまう。

本当にびっくりしました。

 

 

あれ以来、サロンワークに入る前、台所に立つ時など、経口補水液を少し飲むようにしています。

一日に多くても500mlのペットボトルを一本ですが。

身体が少しだるさを感じた時など、体にスッと入ってくる感じで楽になるので助かります。

 

 

室内だと、どうしてものどの渇きを感じにくくなっています。

また汗をかいていなくても、気づかないうちに脱水を起こしていたりします。

のどが渇いたと感じていなくても、こまめな水分補給を心がけましょう。

また睡眠不足も熱中症のリスクになるそうですよ。

 

 

残暑もあともう少し。

何とか乗り切りましょうね!

 

 

 

 

 

  所在地:大阪府高槻市芥川町(R高槻駅直結マンション徒歩1分)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です